産み分け知ってますか?



中国新聞2006年3月1日の記事によると、広島のある産婦人科では夫婦の約90%が女児を希望しており、広島都市圏の既婚女性を対象にした中国新聞情報文化センターの2005年12月のアンケートでも女児の希望は78%あった。[1]gooによる産み分けに関する調査では女の子を望む夫婦245人に対し男の子は99人だった[2]。 科学的根拠を有する確実な方法は、体外受精の手法を用いた着床前診断だけであるが、産み分けの目的でこの手法を用いることは日本産科婦人科学会が禁止しているため、日本国内では公然とは行われていない。その他、流布されている方法は、民間療法あるいは疑似科学に過ぎないことが多い。 一例として、男性が「肉食」中心の献立、女性が「野菜」中心の献立を食べることで、男の子が生まれる可能性が高まる…というもの。 男子が親の面倒を見る伝統の中国ではさらに一人っ子政策のため男子を望む傾向が高い[3]。最近では超音波診断機で性別は簡単に診断できるので女児と判れば中絶することが多い。結果として医者が胎児の性別を親に伝えることが法律で禁止されているが、この場合に医者が何気なく足を組むと女などの方法で性別を伝えるなどの行為として暗に存在している。当然このような産婦人科の商売は繁盛する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ほくろと毛について

ほくろに毛が生えること自体は何も問題があるわけではありません。ほくろに毛が生えるという考えるのではなく毛穴のあるところにホクロが出来たのですからほくろの上に毛が生えるということは問題ありません。

若者のぎっくり腰

ぎっくり腰は、筋肉も靭帯もしっかりしている10〜20代の若者の場合、なりにくいと思われがちですが、ここ最近は、若者でもぎっくり腰が起こるケースが多いようです。その原因のひとつに、「ズボンの腰ばき」があるみたいです。ズボンの腰ばきは、ヒップホップ系の人気がきっかけだったようですが、今はそれにとどまらず、若者には一つのファッション・カルチャーのようになっています。

光脱毛のデメリット

光脱毛にはデメリットがあるのでしょうか。次はデメリットについても検討してみましょう。光脱毛の特徴は、光の照射を利用して毛や毛母細胞などを消滅させる、ということでした。ただし、レーザーの照射よりも光は強度が低いので、効果という意味では、レーザーよりは緩やかである、ということがいえるかもしれません。ですから、効果をあげるためには、数回の施術を繰り返し受けなくてはならなくなる、という場合もあります。

紹介者との関係

お見合いを依頼する場合、相談を持ちかける人も、慎重に選ぶべきです。いわゆる、世話好き、というタイプの人の中には、本人の考えを無視して強引にまとめようとしたり、断るとなんだかんだと文句を言う人も結構多いものです。また、あまり社会的地位が高い人に依頼すると、自分の希望が十分に通らなかったり、断りにくくなったりします。ポイントとしては、信頼でき、本人のことをよく知っていて、物事を公平な目でみることができる人、社会的にも信用があり、交友関係のの広い人、などです。例えば、会社の上司、親戚、学生時代の恩師などが一般的でしょう。